MENU

ワクチンの正体は「生物兵器」「病人大量生産システム」である

ワクチンの罠

「効果がないどころか超有害! ワクチンの罠」

92点/100点

著者:船瀬俊介

最近、ワクチン本を読み漁っているラクチンです。

船瀬俊介さんもワクチン関連の本は2冊出していますね。(2021年6月現在)

今回紹介する「ワクチンの罠」コロナとワクチンの2冊。

船瀬さんはこれまでに累計250冊以上の書籍を出版しています。

私は船瀬さんの本は多分50冊以上は持っています。

まだ15冊くらいしか読んでないですが。

他のジャンルの本にもちょこちょこワクチンの話が出てきます。

船瀬さんの本は色んなジャンルの話題をまとめた本も結構あるので。

私は数年前から船瀬さんの本を読み始めたので、

「ワクチンは効果がなく逆に有害なので打たない方がいい」

ということは新型コロナが発生する前から常々頭の中にありました。

先に結論を書くと、船瀬さんのワクチン本2冊はやや期待外れでした。

船瀬本への期待値が高かっただけに、少し物足りなかったかなと。

それでも2冊とも90点台前半なので読んでよかったことは間違いないです。

先に、内海聡さんのワクチン本2冊を読んだのですが、

私は内海さんのワクチン本の方がおもしろかったというか、より多く学べました。

船瀬さんと内海さんのワクチン本4冊は内容はどれも似通ったものではないので、

複数読んでみる価値は十分にあると思ってます。

目次

ワクチンは劇薬且つ時限爆弾

効果がないどころか超有害! ワクチンの罠

ワクチンの罠で、特に参考になった点を書いておきます。

・ワクチンは例外なく「劇薬」

・ワクチンは「時限爆弾」

・ワクチンに対して男性は女性よりも関心が低い

・ワクチンは使わない限りは安全

・「人は生まれながらに100人の名医を持っている」

・ビタミンDにはワクチンの5倍ものインフルエンザ感染予防効果がある

ワクチンの罠は2014年3月発売なので結構前に出た本です。

内容的には今でもほとんど問題なく読めます。

7年以上前の本なのに、

「コロナウィルス」という単語が出てきたのはかなり驚きました。

新型コロナウイルスは、2002年、2003年に中国で流行ったSARSと、

エイズウイルスを合わせたもののようです。

ワクチンに対して男性は関心が低い

ワクチンに対して男性は女性よりも関心が低い

ワクチンに対する男性の関心が低いというのも初めて耳にしたかな。

コロナワクチンの場合はどうか分からないですけど、分かる気はします。

男性は健康や口にするもの(食事、酒、タバコ)も

女性ほど気を使ってないですしね。

特に日本は欧米に比べてその傾向が顕著。

男女の平均寿命見れば一目瞭然。

あとはやはり子供のことかなと。

やはり、子供へのワクチンについて考えるのは

旦那よりも奥さんの方が多いと思いますので。

病院に連れて行くとか。

ワクチンだけでなく、

子供の食事を考えたり作るのも奥さんの方が圧倒的に多いでしょう。

今回のコロナワクチンでも夫婦間、家族間でワクチンを打つか打たないかで

意見が割れることも多いかと思います。

他の本にはケンカしてでも離婚してでも「ワクチンは打つな」と書かれていますが(笑)

仕事や学校でも半ば強制的にワクチンを打たされるところもあると思うので、

難しいところですね。

私は、ケンカや離婚はともかくワクチンを強要してくるような仕事は

止めるか変えられるならそうした方がいいと思いますが、

これもそう簡単にはいかないですよね。

日本よりもワクチン接種に厳しいアメリカほか海外に住んでいる方も

ワクチンを打ちたくないけど会社などで強制されて悩んでいる場合は、

坂の上零さんの「ワクチンSOS」を読んでみるのもよいかと思います。

坂の上零さんは、ワクチンに限ったことではないですが、

ただ真実、事実、歴史などをだらだら述べるだけでなく解決方法も書いていて、

人々を助ける&世の中を変えたい思いが強いので私はかなり好感度高いです。

まあ個人的には、「とにかくワクチンから逃げろ」と言いたいです。

もちろん私も逃げ続けます。

幸い、今のところ努力義務(任意接種だがなるべく打ってみたいなもの)ですし

ワクチンを強制されにくい環境(奴隷卒)なのは助かってます。

ワクチンよりもビタミンDの方が5倍も感染予防効果が高い

ワクチンよりも太陽光やきのこ類や魚などのビタミンDの方が5倍も感染予防効果が高い

あとは、ビタミンDがワクチンより予防効果があるってのも初耳。

まあ、ワクチンなんかよりも口に入れるものの方が重要なのは当然ですが。

揚げ物やお菓子食ってタバコ吸って酒飲んでたら

そりゃ体が錆びついてボロボロになるわけで。

コロナもインフルもそうですが、やはり冬は日照時間が短いので

ビタミンDが体内で生成されにくいので免疫力が落ちやすく風邪を引きやすいのでしょう。

あと寒くて外に出る時間も減るので運動不足で更に体が弱ると。

やはり何気ないことですが、

子供のように無心で無邪気に外で走り回る、遊ぶことはとても重要ですね。

大人になると食事も運動も睡眠も勉強も、

健康に生きる上で重要なことを怠ってしまいがちなので要注意です。

ビタミンDなら、ある程度の時間太陽の光を浴びる以外に食品でも補うべきです。

サプリメントではないですからね。

ビタミンDはビタミンA、B、C、Eなどとは違い

どんな野菜や果物にも含まれているわけではなく、

意外と限定されているので意識して摂らないと不足しやすいです。

ビタミンDが含まる食べ物で個人的におすすめは断然きのこ類ですね。

マイタケとかシイタケとかブナシメジとか一般的なもの。

私も他にエノキやエリンギやマッシュルームやなめこなど色々摂っています。

ちょっと食物繊維摂り過ぎなのかおならが出やすいのが難点かな。

おならは同じく免疫力アップのために毎日食べてるさつまいもの影響か分からないですけど。。

サケ(鮭)なんかの魚にもビタミンD3が含まれていますが、私は魚は一切摂りません。

近年の海洋汚染物質(水銀、ダイオキシン、放射性物質など)の増加と

オメガ3(DHA、EPA)を摂りたくないからです。

まあ、私みたいなリアルフードばかり摂っている健康オタクでもなければ

週2以下とかで養殖でない小さめの魚を控えめに摂る分には特に問題はないと思います。

日本人は自分の頭で考えずに薬やワクチンに頼り過ぎ

ということで、私は割とつい最近からではありますが、

元々ワクチン否定派でした。

生まれてから、

ワクチンなど眼中になし→ワクチン否定派→ワクチンウルトラ否定派

という流れですね。

幸い、1度たりとも「ワクチンを打ちたい」と思ったことはないです。

子供の頃はさすがに無知な両親の判断で何度かワクチンを打ってると思いますが,,,

数年前まではワクチンのこととかほっとんど考えたことなかったです。

インフルエンザほか風邪なんかも成人になってから1度も引いてないし。

食事が完璧で運動大好きなので体毒が少なく風邪なんか引くわけないのですが。

なので、コロナにも感染しないのでワクチン(遺伝子注射)など必要ないです。

打っても打たなくても感染しないので打ちません。

無料でもたとえお金貰えても得体のしれないもん打って、

遺伝子組換え生物とかにでもなったらたまったもんじゃないですからね。

マジ怖い。モルモットじゃねえし。

日本で年間5000万人分が使われているインフルエンザのワクチンもそうですが、

食事が完璧で健康体で風邪など引かないのであれば不要です。

風邪でもないのに予防でわざわざお金出して副作用のある風邪薬や解熱剤は飲みませんよね。

そもそも、薬とかワクチンとかそんな気易くドバドバ使うものではない。

特に日本人は薬使い過ぎ。

世界の人口の2%に満たない日本人だけで世界の薬の40%を使ってるとか薬中毒もいいところ。

高齢者とか降圧剤とか当たり前のように使ってるけど、

高齢になったら血圧が上がるのは自然なことだから。

何でもかんでも、医者が言ってることを鵜呑みにしたらあかんよ。

本当に薬が必要な人のためにも医療費が安いからといってやたらむやみに使うな。

ワクチンもそうだけど、まずは本当に自分に必要なのかを本を読んだり、

ネットで詳しい人(目利きが必要)の意見を参考にして

時間をかけて調べて自分の頭でよく考えるべき。

もはや「ゴミ処理場」と化した日本では、

日頃から安物の変な脂とか農薬や抗生物質や食品添加物まみれの粗悪なものを毎日毎食摂り続け

頭と体がまともに機能していない思考回路停止奴隷が多いのは分かるが、

今後の人生を左右するような今回のコロナワクチンくらいは少しは立ち止まって考えようぜ。

「遺伝子組換え注射の罠」まとめ

遺伝子組み換え注射の罠

日本人に限ったことではないですが、

なぜ1番大事な、生きる上で基本中の基本の「食」を改めようとしないのか。

なぜ、すぐに副作用のある薬やワクチンに頼るのか。

医療費や薬が安いとかワクチンが無料だから利用しようとか、

そんな「安いのなら試してみようかしら」という生ぬるい話ではない。

にしても、日本人は「安さ」と「無料」には弱いですね。

個人的には、「安いのと無料ほど怖いものはない」と思っています。

どうしても食べ物や情報などと照らし合わせて、

安いもの(無料)には「何か裏がある」と考えてしまいます。

食べ物だと肉や卵や乳製品やパンなんかが分かりやすいですね。

逆に、無料な上に、お金やポイントが貰えるときたらゾッとしてしまいます。

「お客様が一時的に得をしてでも利用してほしい」とか。。。

最近は善意で使い道のない余ったお金をバラまいている人も極一部いますが。

日本人は他人のためにはお金を使ったり寄付をほとんどしないので、素晴らしいですね。

そして多くの日本人は昔ながらの書籍(有益な情報)がクソ安い、コスパがいい

という事実に気づいていないという。

感染症にかかる原因は体内の毒が多い、つまり体が弱いんだから、

まずはそのでたらめな食生活を改めるのが先なはず。

食事を変えることは味覚が狂った現代人には大変困難なことは十分承知ですが。

まあ、テレビなんかでは食事の重要性はほとんど伝えないけどね。

皆が皆、健康になって風邪とか引かなくなったら医療業界は儲からないから。

お年寄りが好んで見るようなゴールデンタイムの健康番組の質の低さときたら…

そう、健康人が増えては金の亡者はとても困るんです。

そう考えたら、

なぜワクチンを免疫力の高い若者や健康人にまで

半ば強制的に打たせようとするのか、腑に落ちますよね。

私はワクチンなど打つ気はさらさらないですが、学ぶのはおもしろい。

真実が解れば、偽物の情報や嘘ついてるメディアとか見るのもおもしろいし。

コロナもワクチンもビジネスなんだなあ、と。

「こうやって、0.99%の奴隷が99%の奴隷を騙して金稼いでるんだなあ」

と神から目線で学ばせてもらってます。

私は0.01%未満の学び続ける傍観者です。

私みたいな社会のゴミは世の中を変えられないのはもちろん、

周りの人間(家族や友人)さえも変えられないので、

奴隷にならないようにただひたすら勉強して自分の身を守るだけです。

このブログは趣味でやってるだけです。

アウトプットすれば読んだ本の内容が更に身に付きますからね。

私は1年365日時間もありますし、

文章を書くのも読書同様に全く苦痛ではないんですよ。

「どうせチラ見するだけで変わらないだろうけど読みたい人は勝手に読んで」

って感じ。

ワクチンが少しでも怪しい、副作用(作用)が不安、怖いなどと思うのなら、

無料の情報の薄い効率の悪いテレビとかスマホとか見てないで、

自分だけでなく大切な家族や子供のためにも本の1冊、2冊くらいは読みましょう。

普段本を読まない人でも、さすがにワクチンの本を読む人はそれなりにいるかと思います。

この1500円とか3000円の投資が、自分や子供の将来を守るとしたらクソ安すぎますね。

いや、聖なる読書にお金のことを考えるのは失礼ですね。

あとは何より時間です。

お金よりも圧倒的に時間です。

時間とお金を比較するのは、時間(命)に対して失礼です。

現状維持若しくは衰退のために小銭稼ぎしてる暇があるのなら

読書しましょう、学びましょう。

これから、お金の価値はどんどん落ちますが、時間の価値は上がります。

いずれお金(の価値)は無くなるかもしれませんが、時間は無くなりません。

時間を作って学んで成長しましょう。

1冊5時間でも10時間でもかけてじっくり読んで自分の財産にしましょう。

体毒が少なく気力も体力も充実している若い内が有利です。

20代の1時間と70代の1時間では、例えば同じ読書でも得られるものが全く違います。

小銭があるのなら貯金や株式投資ではなく、書籍と食べ物に投資しましょう。

どちらも即効性があるわけではないですが、将来何倍にもなって返ってきます。

これからはお金やモノではなく、食と知恵の時代です。

目次