MENU

新型コロナワクチンは非常にリスクのあるクスリ

医師が教える新型コロナワクチンの正体

「医師が教える新型コロナワクチンの正体」

97点/100点

著者:内海聡

本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン
新型コロナはテレビウイルス
ロバート・ケネディJr×内海聡
新型コロナワクチンの正体

ダージア、ニーハオ!

大金を積まれても死んでもコロナワクチンを受けない人です。

若くて栄養まみれの超健康体でワクチン本読み漁ってたらこうなるわな、と。

内海聡さんの「ワクチン不要論」を先に読んでから

すぐに「医師が教える新型コロナワクチンの正体」を読みました。

本当は新刊の方を先に読みたかったんですけどね(笑)

そこをグッとこらえて3年前に発売されたワクチン本から読みました。

意外と内容が被っていなかったのはよかったです。

内容が被っている箇所は1割もないです。

ワクチン不要論の方も合わせて読むことをおすすめします。

個人的にはワクチン不要論の方がより勉強になったくらいです。

2冊読む場合は、読む順番はどちらが先でもよいと思いますが、

先にワクチン不要論から読んだ方が

新刊をよりスムーズに読み進めていきやすいかと思います。

「ワクチン不要論」と「新型コロナワクチンの正体」

今回紹介する「医師が教える新型コロナワクチンの正体」は、

発売数日後の6月13日くらいにAmazonで購入しましたが、

その後6月15日から一時販売中止になったようですね。

その1週間後くらい(?)に販売再開しましたが、

6月26日現在だと7月14日まで入荷待ちの状態ですね。

同じ頃、崎谷博征先生の「ワクチンの真実」も

Amazonで一時販売中止になったようです。

一時的でも発売後すぐに販売中止になるのは珍しいですね。

都合が悪いからか、何か圧力がかかっているんでしょうかね。

メルカリでも販売後から定価を上回る価格で取引されていて

販売停止期間中は定価の倍以上の3000円台で売れている期間もありました。

まあ、この本に限らず書籍は情報の質と量からして

が安すぎるというかコスパがよすぎるので3000円でも破格ですけど。

読書家なら分かると思いますが、書籍ほどコスパのいいものはありません。

この本は先に目次を確認しないで最初から目を通していったのですが、

気付いたら第1章の90ページくらいまではワクチンについては

あまり書かれていませんでした。

ただ、このコロナウイルスについての第1章もかなり勉強になりました。

むしろ、第1章が1番おもしろかったかも。

全部で3章構成で、第2章はワクチンについてで、第3章は短めの対談ですが。

「ワクチン不要論」を読んでも同じことを感じましたが、

やはり1番大事なことはワクチンでも自粛でもマスクでも消毒でもなく、

毒の少ない本物の食べ物をしっかりと食べて栄養を摂ることだなとつくづく感じます。

そう、外を変えるのではなく、中を、自分を変える。

この1番基本的で重要なことをなぜかほとんど伝えないマスメディアであった。

だったら私がこっそり教えてあげちゃうもんね。

果物やサツマイモや本物のハチミツなどの良質な糖質(米やパンや麺などの穀物は除く)や

カフェインを含むコーヒーやお茶や生姜やセイロンシナモンやグリシン(アミノ酸)や

コラーゲンペプチドなどをしっかり摂ってウイルスを寄せ付けない

感染しない体にしていれば大丈夫ですよ^^v

テイクアウトでファストフードなんかの毒盛り食ってるとコロッと感染しちゃうよ。

脂質過剰や糖質制限などは自殺行為ですので止めましょう。

ちなみに、うつみんは砂糖は完全否定ですが、私は中立派です。

崎谷博征先生は砂糖推奨派ですね。

私は菓子類や清涼飲料水に入っているアスパルテームやアセスルファムカリウムなどの

人工甘味料なんかに比べたら砂糖ははるかにマシですし悪いとは思わないけど、

糖質源としては果物やハチミツなどには及ばないので砂糖単体では摂っていませんが。

うつみんは食事はそこまで厳格には管理していないので太っているのでしょう。

「しっかり栄養を摂っているデブ」ともいえますが。。。

坂の上零様などもそうですが、食事を重要視している割に

アイスとかコンビニ飯とか意外と余計なもの食べて太ってたりします。

私はお菓子や揚げ物はもちろん、酒なども一切摂りませんので。

(ワクチン同様お金貰っても)

その点、崎谷先生は50代でもスリムな体系をキープしているので

口だけでなく自らもしっかりと実践しているのでしょう。

勘のいい方ならお気づきですね。

そうなんです。

コロナは健康=食事を見直すとてもよい機会なんです。

なぜか大半は食に関しては全然そっちのけですけど。。。

ほとんどの人は成人になってから死ぬまで大して食事改善しないんだから、

コロナをいい機会に自分だけでなく子供や環境のためにも食事を改善しましょう。

ただでさえ日本の食事情(添加物、農薬、自給率ほか)は欧米に比べてひどいのですから。

コロナが食事を改める最後のチャンスと思いましょう。

実はコロナも悪いことばかりではないんですね。

最強の食生活を実践している私にとってはコロナなどカスに過ぎません。

私は日本で1番食事に気を使っているので、

コロナに感染しないため(症状に出ない)ワクチンを打つ必要などないのです。

もちろんコロナ以外のインフルほか風邪も成人になってからはゼロです。

食事に関しては私を参考にしてください。

それくらい経験値と根拠のない自信があります。

本当は書店でマスクとかしたくないんだけどさ、

わざと奴隷のふりしてマスクしてやってるんだから。

早く中国みたいに「マスクなし」が当たり前にならないかな。

年内は厳しいかなあ。

それでは、参考になった点をまとめておきます。

・人は自分の見たいものしか見ない

・2020年の日本人死亡者数は11年ぶりに減少

・新型コロナワクチンは非常に危険なクスリ

・新型コロナウイルスは弱いウイルスでありただの風邪である

・新型コロナ騒動は詐欺

・外出自粛や休業要請は効果がない

・ロックダウン、緊急事態宣言は意味がない

・PCR検査の陽性の大半はコロナに感染していない

・日本はPCR検査のCt値が高いので誤診が出やすい

・日本のコロナ感染者の6割~9割は実際は感染していない

・2020年のインフルエンザが激減したのは検査をしていないから

・コロナの感染者数は例年のインフルエンザの20分の1

・医者は常に嘘をつくのが基本

・1年間にコロナで亡くなった日本人は8500人程度で餅など食べ物による窒息死と同程度、自殺者の半分以下、心疾患の24分の1、ガンの44分の1

・2020年はガン健診が3割減ってガンによる死者が減った

・新型コロナはテレビウイルス

・メディアは嘘、ネット、SNSは信じられない(有料の書籍は…)

・コロナやワクチン否定派はテレビには出れない

・アメリカでは死亡理由をコロナにすれば病院は一人当たり数百万貰える

・日本も海外も感染者数と死者数は大幅に水増しされている(コロナが原因ではない)

・コロナの後遺症の3割~5割は医原病が原因

・新型コロナは人工ウイルスの可能性が高い

・新型コロナの前からワクチンが開発されていた可能性あり

・マスクは効果がないどころか二酸化炭素中毒同等と逆効果

・手洗い、うがい、消毒も逆効果

・栄養状態をよくして毒を入れないで免疫力を上げることが大事

・新型コロナワクチンは遺伝子レベルで問題が生じる可能性

・副反応ではなく副作用(でもなく「作用」である)

・ワクチンには何の感染予防効果もない

・インフルエンザワクチンも効かない

・mRNAワクチンよりもウイルスベクターワクチンの方が効果がない上に危険

・コロナは発症率が非常に低い

・ワクチン接種後の死亡は因果関係はほとんど認められない

・新型コロナワクチンでおそらくたくさんの人が亡くなる

・アフリカのタンザニアは国家でワクチン接種を拒否している

・ファイザーのCEOはワクチンを打たない

・ワクチンの接種率を上げる方法は「お得」「怖がらせる」「差別化」

・御用学者の口癖は「はず」

・政治家はコロナが危険ではないと知っている

・「Qアノン(Qアホン)」は情報弱者を引っ掛けるエサ

・飲食店のクラスター率は非常に低いのに時短要請するが、満員電車は制限しない

・大半の日本人は科学的に考えないで「右にならえ」

・コロナワクチンによる死者や副作用は実際は100倍くらいはいるか

・コロナでなくなる確率が極めて低い子供や健康な若者はワクチンを接種する意味はない

・権力者は常に嘘をつく

・これからワクチン接種率の低い日本に対して更にワクチン接種の圧力がかかるだろう

・2025年には日本の実体はない

目次