MENU

内臓脂肪が落ちる究極の食事【内臓脂肪は万病の元】

アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事 高脂質・低糖質食で、みるみる腹が凹む

「アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事 高脂質・低糖質食で、みるみる腹が凹む」

2020年6月26日発売

マーク・ハイマン (著)、金森重樹 (監修)

アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事 マーク・ハイマン (著)、金森重樹 (監修)

同時期発売の金森重樹著の「ガチ速脂ダイエット」と一緒に購入しました。

ガチ速よりは、こちらの「内臓脂肪が落ちる究極の食事」の方が参考になりますね。私にとっては。

しかし、「究極の食事」とか流行ってるんすかね(笑)

近年は、内臓脂肪が落ちる系の本もよく売れているようですね。

現代人は食べすぎ、動かなすぎが増えてるから需要があるんだろうね。

特に食べ過ぎの方、改善した方がいいよ。

動かないのに1日3回も食べてたら、そら太るわな。

逆にそれで痩せてたら驚くわ。

ガチ速脂ダイエット同様に、こちらの内臓脂肪究極もサプリメントに関しては

そんなに書かれていないのでやや期待外れでした。

ただ内臓脂肪を落とす系の本としては内容は充実していますね。

個人的には昨年発売された「まさか!の高脂質食ダイエット」の方が内容的には気に入ってるかな。

あとプロテインパウダーについて。

個人的には、別にホエイプロテインとかは適量補う程度なら体にいいとも悪いとも思っていませんが、

輸入物の安い牛肉よりはまだ体にいいというか負担は少ないとは思いますけどね。

実際に、私は肉類は一切食べませんがプロテインパウダーは適量摂っていますし。

いずれにせよ、牛肉でも卵でもプロテインでも摂るのならなるべくちゃんとした環境で育った

グラスフェッド(牧草飼育)のもののしておいた方がよいとは思います。

てか野菜みたいに安くはないしコスパもいいとはいえないので、

別に無理して食べるようなものでもないと思っていますが。。

脂質の重要性を知りたいのであればこの本は悪くないと思います。

とりあえず、マーガリン、菓子パン、お菓子、揚げ物なんかは

体に悪いし脂肪が付きやすいので極力減らしましょう。

MCTオイルやココナッツオイルやアボカドなどの良質な脂であれば

1日に脂質100g以上摂っても別に太らないですよ。

もちろん、上記のトランス脂肪酸は控えるのは前提で。

目次