MENU

究極の読書法【読書によって時間とお金が手に入る】

究極の読書法 鴨頭嘉人

人生を変える本の読み方 究極の読書法 購入法・読書法・保存法の完全版

鴨頭嘉人著

85点/100点

究極の読書法 購入法・読書法・保存法

う~ん、全体的に悪くはないが内容がちょっと薄いかな。

速読の章の情報は結構な価値があると思うし参考になったのでやや高得点にしておいた。

速読の章がいまいちな内容なら70点レベルですね。

速読以外の読書法に関してなら、

個人的には2019年11月に出版されたメンタリストDaigoさんの「知識を操る超読書術」の方が

情報量が多いし似たようなことも書かれてあるし参考になった。

Daigoさんは「速読」に関しては否定的ですけどね。。

この「究極の読書法」が読書術の本として特に優れているとは感じない。

私は読書術系の本はこれまでに30冊以上(大体3年以内に発売されたものが中心)は読んできたが、

この究極の読書法に目新しいことがたくさん書かれてるわけでもないし。

速読とか興味ないのなら特におすすめはしません。

その速読に関しても、私は他の速読系の本をほとんど読んでいないのでもしかしたら

他の速読系の本でも書かれてあるようなありきたりな内容かもしれません。

速読に詳しくない私にとっては知らないことが書かれていたので参考になりましたが。。

速読に関しては、この究極の読書法に書かれてあることを実践すれば少しは早く読めそうな気はするので、

沢山読書できることほど嬉しいことはないので試してみようと思う。

全体を通して書かれてある内容自体は別に悪くないですけど、私はすでに知っているというか

他の読書法の本でも似たようなことが書かれている点も多いので。

あと本の保存法については、大事なとこを切り取ってそれ以外は捨てるとのことですが、

わたしはちょっとそれはマネできないかな。

できなくはないけど、特に気に入った本は10回以上繰り返し見るものも結構あるので。

何気に最初の第1章の読書の重要性とあとがきがよかった。

最初はやっぱり盛り上げないと読んでもらえないですからね。

うん、まあ悪くはないですね。

読書の重要性や、読書で時間とお金が手に入ることなど

何点か学べる点はありました。

あとページ数は170ページと少なめで文字数がかなり少ないので実質80ページくらいのボリュームです。

私は読むのは早くないですがそれでも最初から最後まで40分程で一気に読めました。

あと岸見一郎さんのアドラー心理学の「嫌われる勇気」神田昌典さんの非常識な成功法則」

なんかの本についても少し書かれています。

読書法、読書術の本としては特別おすすめはしません。

まあでも1200円(税別)ならコスパ悪くないとは思います。

行間が多く読みやすくサクッと読めるのは逆にいいと思います。(文字は大きくはないです)

目次