MENU

不登校中学生だった僕の月収8桁の稼ぎ方【サラリーマンはお金、時間、自由がない】

不登校底辺中学生

不登校中学生だった僕の月収8桁の稼ぎ方

91.5点/100点

著者:キメラゴン

キメラゴン著:不登校中学生だった僕の月収8桁の稼ぎ方

先に特に参考になった点やフレーズをまとめておきます。

・現在の日本は究極の〇〇状態

・日本は〇〇が機能していない

・情報発信を始めた中高生の〇〇%は半年以内に消える

・素直、特別、影響力、希少性、非常識、子供心が大事

・常軌を逸した熱量

・身銭を切る

・いい商品だと思ってもらえたから売れる

・文章で稼ぐ能力はそこらの国語の教師より何倍も高い

・益友と悪友

・友達ではなく仲間を増やす

・感謝される人助け

・幸福度が5倍になった

・生徒をサラリーマンにさせる

・サラリーマンはお金、時間、自由がない

・SNSはぶっ壊れ武器

・よい炎上とは社会との摩擦

・「週5で1日8時間」はやばい

・夜起きて朝寝ると鬱っぽくなる

・安定=自分で稼ぐ力

・まずはちょっとだけ稼いでみる

・ダメもとで1年くらい頑張る

・コロナで5年未来が早まった

・一回きりの人生、へんてこに生きる

こうやって挙げてみると、勉強になった点がかなりありましたね。

上のまとめ見ただけでも気になって本読みたくなりません?

「えっ、どういうこと!?」みたいなの、1つくらいありませんか?

では、続きは本で(笑)

サラリーマンはお金、時間、自由がない

うん、おもしろかったです。

内容的には青い付箋もそれなりにあったし95点くらいでもいいと思うけど、91.5点かな。

すでに知っているとか意識していることも結構多かったのもあるかな。

最近読んだインフルエンサーの本では、

個人的にはマナブさんの「億を稼ぐ積み上げ力」の方が勉強になったかな。

まあ、内容も全く違いますので比べるのはナンセンスですかね。

ただ、「非常識は誉め言葉」、「よい炎上は社会との摩擦」、

「1回きりの人生、へんてこに生きる」とかのフレーズは心に響きましたね。

薄々感じていたことをうまく表現してくれている感じ。

ビジネス書や自己啓発本的な内容です。

もう少しブログやツイッターやnote、Youtubeなどについて触れてほしかったな。

まあ、意識するべき重要なことは書かれていますが。

イケダハヤトとキメラゴンの対話「よい炎上とは社会との摩擦」

読む前から、「終盤のイケダハヤトさんとの1万文字の対談はおもしろそうだな」と

思っていましたが、予想通りおもしろかったです。

ただそれと同じかそれ以上ともいえるくらい

最後の母・ママラゴンからのメッセージにかなり胸打たれた。

こうなると、ママラゴンにも本出してほしいくらい(笑)

ページ数は少なかったですが、ママラゴンもとても魅力的な方だなと感じました。

「ママラゴンにしてキメラゴンあり」

お父さんの話題も少し出てきますが、やはりいい意味で変わってるなと感じました。

終盤のイケハヤとの対談とママラゴンのメッセージがなければ

80点台後半だったかな。

月収8桁を稼ぐ高校1年生社長:キメラゴン師匠

キメラゴンさんは現在高校1年生の16歳ですが、

ビジネススキルのある16歳のアドバイスはとても新鮮で刺激になる。

16歳でこんな発想ができるのかと、感心する点が多かった。

あまり年齢は関係ないか。

一般的に若い人の方が頑固じじいよりも

行動力があって頭が柔らかくて発想が豊かだしね。

大人だけでなく、未成年の若者も格差が拡大している(していく)と感じた。

最近は小学生でも天才みたいな子が普通にいますからね。

そういう意味ではスマホやゲームやYoutubeの影響は大きいのかなと。

10年以上前よりも、趣味や仕事が多様化して興味や夢を持ちやすくなってると感じる。

今の若い子も、何か1つくらい熱中できるものがあるのではないだろうか。

あの芦田愛菜ちゃんとサンドイッチマンが出演しているテレビ番組の

博士ちゃんとかいう番組だったかな。

あれ好きで結構見てる。

芦田愛菜ちゃんが好きなのと、興味のあるジャンルは勉強になるので。

このキメラゴン氏もそうだけど、大学生とか30代以上の優秀な人の意見もいいけど

未成年の若い人の意見もなんかおもしろいしいい刺激になるな。

ちなみに私はキメラゴン氏のツイッターやYoutubeやその他の媒体はほっとんど見ていません。

軽~~~くツイッターをチェックしたくらい。

フォロワー数とか最近の投稿とかそのくらい。

ただ、この書籍を購入する結構前から存在自体はすでに知っていました。

2019年の後半にはすでに知ってたのかな。

たしかイケダハヤトさんかクロネコアフィリさんか誰かが

紹介しててそれで知ったんだと思う。

イケダハヤトさんのツイッターは今は見てないけど、2019年くらいまでは結構見てたので。

「月数百万円稼いでる変わった中学生」といったイメージだったかな。

考えが普通じゃないから、アンチも多そうだなと感じました。

この本を読んでキメラゴンさんのことをよく知ることができました。

まあでも、今すぐにキメラゴン氏のツイッターやYoutubeやブログ(?)を

チェックしようとまでは思いませんでしたが。

私は最近はマナブさんややまもとりゅうけんさんなどインフルエンサーの書籍は

よく読むのですが、ブログやツイッターやYoutubeはほとんど見ませんね。

インプットはほろんど書籍中心でいいと思っているので。

ブログやYoutubeにもよい情報はあると思うけど、

あれもこれも見てたらいくら時間ああっても足りないし。

インフルエンサーだけでなく、好きな作家がYoutubeをやっていても

やはり関心はあるけどあまり見ようとは思わないですね。

とりあえず、書籍読んでおけばその人が言いたい重要な点はある程度抑えられるとも思っているので。

ブログやツイッターやYoutubeなどは無料だけど、

まとまっていないし自分が欲しい情報にアクセスするのがちょっと面倒くさいって感じかな。

Youtubeだって10分でも30分でもしっかり見るとなるとテレビと同じように結構時間取られますからね。

その点、書籍ならまとまってるし、目次である程度見たい情報にすぐにアクセスできる。

このキメラゴン氏の本も最初から最後までほとんど飛ばさずに読んだけど、

1時間半ほどで読めましたし。

同じ時間でブログやYoutubeを見たらどれだけの有益な情報が得られるかと考えると、

やはり書籍は時間帯効率がいいなとは感じます。

すでにキメラゴン師匠のブログやツイッターをしっかりチェックしている方は

もしかしたら目新しいことはあまり書かれていないかもしれません。

マナブさんや、やまもとりゅうけんさんの本も

ツイッターやブログに書いてあることが多いみたいですしね。

このキメラゴンさんの本は現時点でAmazonでは評価が割れています。

評価の数もまだあまり多くないですが評価は低めです。

どんな本でもそうですが、この本はより意見が分かれやすいと感じます。

キメラゴンさんのことを知らない方は、1度書店で内容をざっと確認するか

ツイッターやブログを拝見してから購入するか検討した方がよいかも。

このレビュー記事見ただけでは、興味持って買いたくならないだろう、と思うし。

私はこの本を読む前はキメラゴンさんのことは詳しくは知らないけど

どちらかというと好感を持っていて、面白そうだなと思って買ったら

やはり予想通りおもしろかったです。

読んでて、ムカつくとか「このクソ小僧、生意気!」とかは全く思いませんでした。

「それは違うだろ」とか「言い過ぎだろ」とかも全く思いませんでした。

そんなことよりも、自分の16歳の時と比べて自分のカス加減に嫌気がさしたくらいです(笑)

自分の16歳の時にこの本を読ませてあげたいです。

もし今、自分に16歳(前後)の子供がいたら是非読ませたいですね。

目次