MENU

本を年間3000冊以上読むネオニートが利用しているおすすめの電子書籍ストア3選

こんばんはー!!!

皆さんは電子書籍派ですか?

それとも紙の本派ですか?

私は未だに紙の本派ですね。

付箋をすると2回目以降に読みやすいというのが、

私が紙の本を気に入っている理由の1つでもあります。

あとはデジタルが苦手な親にもサクッと貸したりもできるとか。

「面倒くせえなら付箋付けたとこだけ読んどけ」みたいな(笑)

スマホやパソコンの液晶モニターの質にもよるがブルーライトがない分、紙の本の方が目にも優しい。

と、いきなり話がそれ始めてるので、

「紙の本マジ好きやねん!結婚してください!」という話はここまでで。

また別の記事で話すよ。

ただ私も、この数年で圧倒的に読書量が増えてから電子書籍を利用する機会も増えてきました。

5年ほど前までは読書とは無縁の人生でしたから。。。

最近では、太っ腹キャンペーン時(後述)に電子書籍を5万円分まとめ買いしたことも。

70%OFFとかで5万円なので定価だと15万円分、100冊分とかですね。

いや、紙の本よりも割安な電子書籍でも新刊1冊500円は安いですよ。

この記事では、月300冊以上年間3000冊以上読書をしている私が利用している

おすすめの電子書籍ストアをご紹介します。

先に書いておきますが、私は漫画や小説は一切読みません。

健康本、ビジネス書、自己啓発関連、語学、雑誌、ムック本などがほとんどです。

漫画や小説も興味はあるのですがそれらも読むとなると

いくら時間があっても足りないので敢えて封印しています。

また興味が湧いたらいつでも熱中して没頭してハマって楽しんで

バターコーヒー片手に読めばいいかなと思ってます。

私が利用している電子書籍ストアを先に書いてしまうと、

Amazon Kindl(Kindle Unlimited)楽天koboDMM電子書籍の3つです。

それぞれお気に入りの理由やお得にお買い物する方法などを解説します。

目次

Amazon Kindle(Kindle Unlimited)

AmazonのKindleは電子書籍だと1番メジャーなのではないでしょうか。

私のこれまでの電子書籍の利用金額でいうと、楽天koboと同じくらいKindleを利用しています。

1番はDMM電子書籍かな。

その理由は後ほど。。

Amazonの電子書籍はほとんどKindle Unlimitedしか利用していません。

月額980円で雑誌だけでなく、一部の書籍も読み放題です。

雑誌のみなら980円だとDマガジンや楽天マガジンの方が半額以下なのでもっと安いですが、

書籍も多数読み放題でこの980円はどう考えても破格すぎますね。

ものによっては書籍を月に1冊読むだけで元が取れてしまいますからね。

1980円、いや2980円でもまだまだ安すぎますね。

雑誌読み放題で400円とかも相当安いと思っていますが。

この書籍や雑誌読み放題サービスは今後値上がりするか

突然サービスが終了しても全く不思議ではないと思っています。

実際、2020年6月にTマガジンという雑誌読み放題サービスが

突然低額読み放題のサービスを終了しましたからね。

今でも何冊か無料で読めるようですが。

Tマガジンは定額雑誌読み放題の中では割と新しいサービスだと思いますが、

終了するのも早かったですね。

中には「自然栽培」のようにTマガジンでしか読めない雑誌も何種類かあったので、

サービス終了間際に一気に読みまくっておきました(笑)

そう考えると、他のサービス、Dマガジン、楽天マガジン、Kindle Unlimitedなども

同じようなことが突然起こってもおかしくないよなと、思うのは私だけではないはず。

「本のサブスクはどれもいつサービスが終了してもおかしくない」

と頭の片隅に置いといて有難く利用しています。

雑誌なんかは5年~10年とかある程度の期間をかけてサブスクの定額・低額読み放題で認知度を上げて

読者を増やせば、また以前のように定額サービスなしで単体で販売してもいいと思うんですけどね。

週刊誌でも月刊誌でも買う人は定期的に買うでしょうし。

長期間低額読み放題を利用してきた人は、雑誌を1冊1冊購入するのが割高に感じるかもしれませんが。

てか雑誌に限らず、書籍もそんなに高いものではないですからね。

情報の価値はそんなに安いものではない。

分かる人にはわかる。

もちろんものにもよるが、自分の人生を変えてしまうような書籍は1冊1500円とか安すぎますからね。

雑誌でも定額サービスを利用していないものも結構ありますけどね。

1000円前後の比較的マニアックな雑誌とか読み放題を利用していないものも多いですよね。

例えば、月刊筋トレ雑誌のアイアンマンとかボディビルディングとかVeggy(ベジィ)とか。

かなり話がそれていますが、、、

雑誌以外の電子書籍の読み放題なら、断然Kindle Unlimitedがおすすめです。

現状、独占状態でしょう。

Kindle Unlimitedはサービスを開始したのが2016年8月3日なので、

まだ4年とかそんなもんなんですよね。

ちなみにアメリカ合衆国(米国、USA、United States of Americaともいう)では、

2014年7月からサービスを開始しています。

アメリカの方は月額料金は日本と大差ないですが、日本よりも読み放題の冊数が多いですね。

日本のUnlimitedでも洋書もかなりの数読めますが。

個人的に、Unlimitedはどう考えても太っ腹サービス過ぎるので近い内に値上げはもちろん

サービス終了さえあり得なくはないと思っているくらいです。

今回紹介するKindle、kobo、DMMの中ではこれまでの購入金額(支払った額)ではKindleは

ほとんどUnlimitedのみの月額980円なのでそんなに多くありません。

私はたしか2年半ほど前から利用しているので2万5000円分くらいでしょうか。

単体の電子書籍、Kindleは本当に何冊か購入したくらいです。

ほとんど覚えがないのでもしかしたら1冊もkindleで購入してないかも。。

25000円だと、うん、やはり楽天Koboと同じくらいですかね。

koboもこれまでトータルで同じくらい利用してきたと思います。

ただ読んだ本の数でいえば、Kindle、kobo、DMMの中では

圧倒的にkindle(Unlimited)が1番多いですね。

読み放題なので結構な数読んでいます。

Unlimitedでは雑誌も結構な数読めますが、

私は雑誌は雑誌でDマガジンをメインで利用しています。

Dマガジンは取り扱う雑誌の数が多いのはもちろん、価格も割と安いですし

ムック本や増刊号やバックナンバーが読めるキャンペーンなども随時行っているので

かなりコスパいいですね。

あとDマガジンは読みやすいのも◎

電子書籍で雑誌はもちろんですが、書籍も色々読めたいものがある場合はUnlimitedはおすすめです。

別に毎日利用しなくても、週に1回(1冊)以上利用するのなら利用する価値はあると思います。

楽天kobo

楽天koboも最近ちょくちょく利用しています。

kindleはキャンペーンはありますが、値下げ率や対象商品はそう多くないのであまり利用する気になりません。

ただ、koboの方は楽天スーパーセールほか大きなキャンペーンがある時にはkoboも

購入金額や冊数など条件はありますがまとめ買いで10%~30%OFFになったりもするのでたまにまとめ買いします。

また、楽天スーパーセール時はkoboも含めて10店舗以上でそれぞれ1000円以上のお買い物をすると、

その対象期間に購入したすべての商品が最大ポイント10倍になります。(上限は10000ポイントが多い)

なのでkoboも利用した場合は20%OFF、30%OFFから更にポイント10倍が貰えてかなりお得です。

更に更に!

楽天市場では楽天カードの利用、5と10の倍数日、SPUなどもうまく活用すると

更に10倍以上のポイントが貰えたりもします。

私は本、電子書籍に限らず、日用品なんかもまとめ買いする時はAmazonではなく、

楽天市場を利用することがほとんどです。

私は本は読む量が多いので1度に10冊以上買うことも多いですし、

日用品は毎月、数ヶ月に1回とか定期的に利用するものもある程度決まっています。

ネットショッピングでは間違いなく楽天を1番利用していますね。

ポイントが本当バカにならない。

ポイント10倍~20倍とか結構ありますからね。

他にもスーパーDEALで50%ポイントバック商品とかもありますし。

本に限らずまとめ買いする機会が多い方は楽天市場のスーパーセールの利用がおすすめです。

楽天koboの電子書籍は楽天スーパーセール時にかなり安くなる商品もあったりします。

最近だと、発売されて半年ほどの割と新しい商品で通常価格1200円ほどの電子書籍が300円というのもありましたし。

その電子書籍は紙の本だと1500円くらいだったかな。

それが内容は同じで300円ですからね。

電子書籍を単体購入する場合は、koboはクーポン割引やポイントが付きやすい分かなりお得だと思います。

割引を受けられる購入金額の条件などはありますが。

1冊のみの購入でも上に書いたように、スーパーセール時にはバーゲン本みたいな感じで

半額とかそれ以下になる電子書籍もあるので、

楽天スーパーセール時は楽天koboをチェックするクセを付けておいて損はないと思います。

DMM電子書籍

私がこれまでに電子書籍で1番お金を費やしてきたのは、実はDMM電子書籍だったりします。

AmazonのKindleや楽天のkoboほど有名ではないと思いますが、

実は超太っ腹キャンペーンを年に数回開催しています。

それは50%OFFキャンペーンです。

そのままなんですが、対象作品が50%OFFで購入できます。

50%OFFではなく、50%ポイントバックのものもあります。

DMM電子書籍は電子書籍のみの取り扱いで髪の書籍は販売しておりません。

またDMM電子書籍は初めて利用する場合に限り全ての商品が50%OFFで購入できるんですね。

しかも、上限金額や冊数はないので100冊10万円分でもOKです。

おそらく一度に一気に1000冊まとめ買いも可能だと思います。

こんなに買う人はいないと思うが。。

私はDMM電子書籍を初めて利用する時に100冊以上15万円分ほど購入しました。

ちょうど紙の本でなくてもよく購入したい本が結構あったのでまとめ買いしました。

普段は紙の書籍でもここまでまとめ買いはしませんが。

初回50%OFFは1度限りですからね。

なるべくたくさん購入した方がお得感半端ないっすからね。

って、その時に購入したものはまだ読めてないものも多いんですけどね。。

今までDMM電子書籍を1度も利用したことがない方は

是非この初回50%OFFという超太っ腹サービスをご活用ください。

50%OFFキャンペーンは初回購入時に限りません。

DMM電子書籍では頻度は少ないですが、

たまに50%OFFまたは50%ポイントバックキャンペーンを実施しています。

年末年始、ゴールデンウィークには開催されるようです。

他にも分かりませんが、お盆~秋頃にも1回くらいは開催されていそうですね。

1シーズンに1回あるかないか、年に3、4回といったところでしょうか。

開催期間は24時間限定とか短期間ではなく、意外と長く2週間~3週間くらいです。

なので、休みの日にゆっくり品定めができますね。

Kindleと楽天koboはキャンペーンの数はDMMより多いですが、

キャンペーン割引率の大きさではDMMといった感じですね。

毎週のように電子書籍を購入するとか、あまり急いでないとか、まとめ買いして一気に読む派とかであれば、

年末年始やGWの50%OFFセール時に半年分とかDMMでまとめ買いするのも悪くないと思います。

さて、次の50%OFFキャンペーンをじっくり待つとしようじゃないか。

ふっふっふ

電子書籍は焦らない。

目次