MENU

PCR検査は感染者数大幅に水増しか!7種類以上のウイルスにも陽性反応!誤診率100%という意見も!

PCR検査は感染者数水増しか!7種類以上のウイルスにも陽性反応!誤診率100%という意見も!

「コロナとワクチン 新型ウイルス騒動の真相とワクチンの本当の狙い」

91.5点/100点

著者:船瀬俊介

船瀬俊介さんはワクチン関連の本を2冊出しています。(2021年6月現在)

「ワクチンの罠」「コロナとワクチン」の2冊です。

私は「ワクチンの罠」を先に読んでから、

すぐに同じ日に「コロナとワクチン」も読みました。

2冊ともページ数は250ほどとそこまで多くはないですが、

ほとんど飛ばさずに熟読したからか読み終えるのに割と時間がかかりました。

内容が被ってる箇所が少ないので興味のある方は2冊とも読むことをおすすめします。

この「コロナとワクチン」ですが、ワクチンの罠同様に正直やや期待外れでした。

私は船瀬さんの本が好きで読む前まで期待値が高かったのですが、

内容的に退屈な箇所がそれなりにありました。

ただ、採点は91点なので十分に高得点の領域です。

コロナワクチン(遺伝子注射)以外のワクチンには興味がないという方は

最新の「コロナとワクチン」のみでもよいと思います。

ただ、これまでのインフルエンザや子宮頸ガンなどの

鶏卵型のワクチンについても知っておいて損はないです。

ワクチンの効果がなく(薄く)人体にとって不要で有害なことがより深く理解できます。

目次

内海聡と坂の上零のコロナワクチン本の方がおもろい

コロナとワクチン 新型ウイルス騒動の真相とワクチンの本当の狙い

参考までに、個人的には同類の人物のコロナワクチンの書籍であれば、

船瀬さんより内海聡さんや坂の上零さんのワクチン本の方が面白かったです。

コロナワクチン本に関しては、内海さんと坂の上さんの本の方が

数ヶ月あとに発売されたので最新の内容がより充実していたのもあると思います。

ちなみに、坂の上零さんはコロナワクチンの本は2冊発売しています。

知名度順では、

内海聡>>船瀬俊介>>>>>>坂の上零

累計出版数では、

船瀬俊介>>>>>>内海聡>>坂の上零

年齢では、

船瀬俊介(71)>>>>>>坂の上零(49)>内海聡(46)

といった感じですね。

私は3人の本は色々読んでいますが、3人共同じくらい好きです。

信頼度とかも特に大差ないですが、

私に1番価値観が近いのは坂の上零さんと思っています。

坂の上零さんはセミナーの内容をそのまま本にしたものも多いですけどね。

この3人で1番売れているのは、ここ最近では圧倒的に内海聡さんの本ですね。

コロナ以外のジャンルの本も同様ですね。

Amazonの売れ筋ランキングでも最近は内海さんの本はTOP100どころか

TOP10にもよく登場します。

2021年6月発売の内海さんのコロナワクチン本も

おそらく1ヶ月で5万冊前後は売れてると思います。

船瀬さんと坂の上さんの本は500位~2000位くらいはよくありますが、

船瀬さんの本でもTOP100にはあまり出てこないですね。

結構マニアック的な存在ですからね。

内海さんが人気なのは最近はYoutubeも始めて

露出度が増えているというのもあると思います。

この3人は共著で出している本もちらほらあります。

内海と坂の上共著のグーミンと日本病はかなりおもしろかったです。

またこの2人の共演を楽しみにしています。

船瀬と坂の上の共著はなかったと思うので、是非見てみたいですね。

たしかに3人の(コロナ)ワクチン本を読んでみた限りでは、

個人的には内海聡さんの本が1番参考になりました。

一気に集中しておもしろく読めたのは坂の上零さんかな。

ワクチン本に関しては船瀬さんのは個人的にはいまいちでした。

別にベストセラーとか売れてるからといって

必ずしも自分にとって良い本とは限らないですけどね。

私は10万冊以上売れているような皆が読んでいる本はあまり読みたくないので

本当に読みたい本以外はベストセラーは買わないようにしているくらいです。

思考が皆と一緒になるのがとても嫌なので。

なので、他のジャンルの食事や音楽なども同様です。

みんなが食べないもの体によいものを食べて知名度の低い名曲を聴く。

簡単にいえば、個性を鍛えています。

これからの時代は変人が輝いて快適に生活できる時代ですからね。

ということで、「コロナとワクチン」で特に参考になった点をまとめます。

・コロナ禍でまともな国はスウェーデン、ベラルーシ、カンボジアの3ヶ国のみ

・万病のもとは「体毒」

・弱いものは犠牲になる、強いものは生き残る

・若い人たちはデーヴィッド・アイクとユースタス・マリンズの本を読め

・遺伝子ワクチンで遺伝子組み替え生物に変わる

日本のメディアは海外のデモなどをほとんど報道しない

コロナ禍でもマスクや自粛をしないスウェーデン、ベラルーシ、カンボジア

雑誌か何か忘れましたが、スウェーデンではマスクや自粛などの

コロナ対策をほとんどしていないのはこの本を読む前から知っていました。

まあ私もコロナはインフルエンザよりも弱い風邪でマスコミやメディアが

過度に煽って事態を深刻にしているのはある程度分かっていましたが。

アメリカやヨーロッパの死者数や感染者数も

実際は10分の1とかもっと少ないのでしょう。

アメリカでは死亡原因をコロナにすると医療業界は1人当たり140万円とか貰えて、

人工呼吸器を付ければ400万円貰えるみたいですし。

日本の感染者数もPCR検査は当てにならないので、

大半はコロナではなく他の風邪か無症状でしょう。

しっかし、どこもかしこも、金、金、金、金だな。

本当、金が好きだな。

日本人もお金好きだよな。貯金とかいうのも大好き。

金のために生きてそんなに楽しいのかね。

今すぐに世界のお金の価値がゼロになったらおもろいのに。

「いきなりですが、一旦リセットします。」

みたいな(笑)

もし、お金が必要なくなったら、毎日何をするのでしょうか。

それが本来あなたがやるべきことです。

って、誰かが言ってた。

私はお金を稼ぐマネーゲームより、

蒸した紅あずまをハチミツを付けて食べながら読書をして

「美味いなあ~、面白いなあ~、臭いなあ~」と言いながら

脳と健康レベルを上げるイージー人生ゲームの方が好きです。

そもそも、仮に発表されている死者数が本当だとしても、

インフルエンザの死者数と大きな差はないです。

また、自殺者数よりも少なく、餅など食べ物を詰まらせて亡くなる人と

同じくらいなのでそんなに連日大騒ぎするようなことでもないですよね。

冷静に考えてみれば分かりますよね。

交通事故の死者数の2.5倍とか3倍弱。

ガンによる死者数は年間40万人、心筋梗塞も20万人くらいだったかな。

ただ、朝や夕方のニュースで食事療法に関してはほっとんど扱わない。

たまにちらっと、緑茶や紅茶(カフェイン)が感染症予防に効果があるとか流すくらい。

いつにもまして、食事の重要性が問われている時に、

激安スーパーとかファストフードとか唐揚げの特集とかしてるし。

ただでさえ、日本人の食が粗大ごみ処理場と化して毒物が入ってきて

あふれかえっているというのに、更に体内に毒を入れろってか。

風邪なんか変なもんばかり食って栄養不足で免疫力が落ちてるのが原因だと、

小学2年生でも分かるよね。

あほくさ。

まあ、皆が健康になって感染者数が減ったら

稼ぎ頭のワクチンも不要になってしまいますからね。

そもそも、日本のこととかもういいから、

もっとレベル(意識)の高い海外の情報を増やしてくれよ。

そう考えたら、まだ地上波よりはBSの方がマシですね。

コロナに感染する原因は体に悪い粗悪なものを食べてるから

コロナに感染する原因は体に悪い粗悪なものを食べてるから

万病のもとは「体毒」

いやあ、素晴らしいですね、まさにその通り。

それ以外はない。

まだ体内の毒の蓄積量が少ない10代や20代は

風邪を引いたくらいではそう簡単には死にません。

最近の若者は(死語?)かわいそうですね。

何でかって?

50年前に比べて、身の回りの食べ物が毒まみれになってるから。

20代とかだと、特に日本人は食事のことなんか考えてないから、

気にせずにあれもこれも好きなものを口にしてしまう。

スーパーで売ってる安くて粗悪なものや安い外食のほとんどが

毒まみれであるということも知らずに。

なので、最近の40代くらいまでの若い人はお金に余裕がないこともあり、

食生活がひどいので健康状態も悪いです。

つまり20代、30代でも60代、70代のような老化が進んだ体になっているということ。

体が弱ければ20代でも簡単に風邪を引く。

コロナも例外ではない。

個人的には自粛やマスクは、健康な人はする必要はないと思っている。

変なもんばかり食って不健康な奴は、

マスクして消毒して自粛してワクチンでも打って周りに迷惑かけるなよ

でいいんだよ。

まあでもこれは難しいよね。

自分が不健康なことくらいは薄々気づいていても色々制限されるのは誰だっていやだよ。

何が言いたいかというと、

ワクチンとかマスクとかでコロナが防げるわけではないんだから、

1番重要である自分の体を強くすることに専念しましょう

ということ。

私のように食事が完璧で誰よりも健康体なら

まずコロナに怯えることなどないわけですから。

もちろん、「私がコロナに感染するわけないだろ」という考えなので

効くかどうかも分からないワクチンなどを打つという発想にはなりません。

「私がコロナに感染するなら誰だって、いや99%以上がすでに感染している」

という考えです。

食事をすでに極めている私より健康な人はそんなにいないですから。

何が言いたいかというと2

リアルフード(本物の食べ物)をしっかり摂っていれば、

コロナやワクチンなどのカスみたいな風邪や遺伝子注射などとは

無縁の生活ができるということです。

食事にアホみたいに気を使っていれば、コロナに怯えることはない。

この当たり前のことを99%以上の人は意識していない。

「こんなに体によくて栄養のあるものを摂っているのに

クソみたいな風邪引くわけないじゃん。

食事で十分すぎるほど予防ができているのでワクチンなんか打つ必要ない。」

という考えになれるようにしましょう。

自分の健康状態に過度な自信を持って怯えなければ勝ったも同然。

健康人にとっては、コロナなど無視していいレベルです。

まあ、私はこの茶番劇が面白いし、とても勉強にもなるので

ワクチンを打たないけれどもこうやって本を読んで日々色々なジャンルを勉強しています。

面白いというのは、所詮金目当てのずる賢いやつらが苦し紛れにしつこく一生懸命頑張っているのが

バカらしくて笑える、ということです。

知識が増えれば人生が面白くなるしね。

弱いものは犠牲になる、強いものは生き残る。

これは、毒を避けちゃんとしたものを食べていれば頭もよくなりますし

その頭で学び続けていれば、嫌でも頭も体も強くなります。

筋肉ムキムキで力があってスポーツ万能が強いという意味ではありません。

毒物ばかり食べている無知は弱い、

栄養満点の英知は強い。

とりあえず、食でもワクチンでもまずは知ることが大事です。

知ったからといって単純に、変わる、行動するものでもないですが。

まずは、食べ物を変えて人間丸ごとリセットしてください。

デーヴィッド・アイクとユースタス・マリンズの本でより深く

この「コロナとワクチン」にはデーヴィッド・アイク氏が結構出てきます。

演説の内容とか書かれています。

ユースタス・マリンズ氏はたしか2007年くらいにすでに亡くなっていますが、

私もアイク氏とマリンズ氏の本は読んだ方がいいと思います。

私は出版数は少ないですけど、どちらかといえば故・マリンズ氏の方を尊敬しています。

特にマリンズ氏の本はすでに絶版になっていて定価以上になっているものもあります。

例えば「民間が所有する中央銀行」とかは

中古本がここ最近はAmazonで4000円台~6000円台で販売されています。

ただこの2人の本は割と分厚くてページ数が多いものが多いので、

1冊読むのに結構労力を費やすかもしれません。

たっぷりの時間(暇)と集中力を用意しておいてください。

真実暴露系の本は日本人の船瀬俊介、内海聡、坂の上零さんの方が読みやすいです。

更に知識を深めたい方はアイク氏とマリンズ氏の本はおすすめです。

私もできれば2021年内にこの2人の書籍のレビューを数十冊書く予定です。

この2人の本に限ったことではないですが、

やはり本は若い内にたくさん読んでおいた方がいいですね。

遺伝子ワクチンで遺伝子組み換え生物に変わる

遺伝子ワクチンで遺伝子組み換え生物に変わる

正直、コロナワクチン=遺伝子注射はどれほど危険なのか

私もよく分かりません。

仮に抗体ができて感染症をある程度予防したとしても、

私は感染する確率が極めて低いので打ちませんけどね。

注射して抗体ができるかも分からないし、

5年後、10年後に副作用が出てくるかもしれない

動物実験もしていないそんな得体のしれないもの

打つわけないじゃん。

無料とかクーポン券貰えるとかそんなもんで乗るわけないだろ。

マジで奴隷卒をなめるのもいい加減にしろ。

正体不明の未知の成分を体内に入れる

よく、深く考えないでそんなもん打とうと思うよな。。。

まあ普通に考えても、

あるかも分からないメリットと想像もつかないような不安要素を天秤にかけても

過剰に反応しやすい未成年の子供や30代くらいまでの健康人は打つ必要性はない

と考えるのが妥当だろう。

あとは半ば強制的な余計な圧力との戦いですね。

遺伝子注射を打たないと仕事クビ、

海外に行けない、サービスを利用できないとか。

家族間で意見が合わない場合は対立もあるでしょう。

どの国も、高齢者は打ちたい人が多く、若者は打ちたい人は割と少ないですね。

そりゃ、そうですよね。

日本でコロナで亡くなった若者は数えるくらいなんですから

危機感を感じにくいですよね。

40代くらいの子供持ちの家庭は1番難しい、悩ましい世代かもしれませんね。

共働きの両親は打って子供は打たないのか。

父親だけ打つのか。母親だけ打つのか。

まさかの両親は打たないで子供だけ打たせるはないよな…

あとは今後学校側がどう出てくるか。

まあ、打たないと退学とかはないでしょう。

自由、任意ならよく分かってない子供は打ちたくないと思うけどな。

小学生10歳くらいまでは情報持ってないだろうから自分では判断できないしな。

1番の被害者は育ち盛りの子供だな。

そりゃ、うつ病も増えるわ。

ただの弱い風邪でここまでするとはな。

子供にはあんまり圧力かけるなよお。

夏休みは引き籠ってオリンピックなんか見てないで、

自然豊かな所で元気に走り回ろう。

あと、本を読もう(笑)

てかワクチンの前にマスクやめさせろ。

いつまでやってんだ。

どんどん真夏の気温が上がってるから

熱中症や酸素不足、ストレス過多で病人やうつ病が増えるぞ。

まだ毒の蓄積量が少ない元気ピンピンの子供はまともなもん食ってれば平気だから。

日本より感染者数と死者数の少ない中国様はとっくにマスク外してるぞ。

まあ、私もこっそりと奴隷を装って書店ではマスクをしておりますが。。。。。。。

1週間で10時間もマスク付けてないけどね。

2021年いっぱいはワクチンとマスクから逃げ続けなきゃダメかなあ。

マジくだらねえけど、コメディと思って楽しむとします。

まともな食べ物と山盛りの書籍があれば何も怖くない

ということを誰も教えてくれない世の中であった。

めでたし、めでたし。

目次